友達から歌手になりなよ!と言われることが多かった EXILE女性ボーカルオーディション 28歳 女性

歌が歌うのが昔から好きだった

歌が歌うのが昔から好きで、カラオケに行くと友達から歌手になりなよ!と言われることが多かったため受けようと思った。

番組を見てすぐに応募

EXILEの番組で女性ボーカルを募集していた。番組を見てすぐにメールでの応募をして、大阪の会場でオーディションでした。すごく人が多くて並ぶだけですごく時間がかかった。みんな並びながら歌を口ずさんで練習をしたり、友達同士で来ている人も多く、雑談をしていた。私は妹と行ったのでお互いに歌を口ずさんで練習した。オーディションが行われる部屋についたら、4人ほどの男の審査員と、EXILEのHIROさん、SHOKICHIさんがいた。3人ずつ部屋に通されて順番にワンフレーズアカペラで歌うシステムだった。緊張してうまく歌えなかった。あっという間に審査は終わり、帰りにEXILEの番組にインタビューされた。結果は合格の人だけに連絡がくるシステムだったと思います。

オーディションは不合格

アカペラで大人数の前で歌うのはとても緊張して、カラオケとは違うなーと思った。人前で歌うのが仕事のプロはすごいなと思った。もっと人前で歌う練習をしとけばよかったと思った。

将来は会社を大きくするのが夢

もう結婚もして子供も産まれたため、オーディションを受けることはないと思う。いまは自営業をしているため、会社を大きくするのが将来の夢。

シンガーの夢を追いかけている人へ

本気で目指しているならスクールとか通って歌の練習をしたほうがいいと思う。
人前で歌う練習を必ずしたほうがいいと思います。

SNSでもご購読できます。

error: Content is protected !!